シャトーコパワージェイド

翡翠は、中国の人々にとって、最も価値のあるものとして昔から貴重な存在です。 社名である長和翡翠 (Copower Jade) は、翡翠(Jade) の持つ神秘的な力(Power) を、我々人類の力と調和融合 (Co) させることで さらなる高みを目指したいという思いを反映させたものであります。

その翡翠の中で、選りすぐりの翡翠を Fei Tswei と呼んでいます。

その昔、西夏王朝は中央アジアと中国北部をつなぐシルクロードの文化や富の行き交う重要な場所として栄えました。 現在は、寧夏回族自治区の中心都市、銀川市に西夏王朝の墓、西夏王陵があります。 そして、神秘に包まれた西夏王朝の精霊たちが今も静かに眠る賀蘭山にあるその王陵から南へ5kmの場所に私たちの農園はあり、王朝の精霊たちに守られています。 賀蘭山と母なる大河である黄河に挟まれるこの大地は、 フランス ボルドー地区とほぼ同緯度である北緯38度、標高1,200m、 大陸性気候特有の少雨で好天が続き、昼夜の気温差が比較的大きく、河岸岩石が中心の石灰土壌です。

その上、山脈がシベリアからの寒気の自然の壁となり、黄河が害虫や感染病の侵入を防いでくれているのです。 この自然の恵みが、薫り高く、適度な酸味のあるワイン作りに優れた葡萄を育んでくれます。

 

私たちの農園は、2019年現在、203エーカーの広さで、品種や環境により72に区分けし、葡萄を栽培しています。 その内 9エーカーは試験的新品種を、3エーカーは有機栽培品種を育てています。 栽培品種は、メルロー、カベルネソーヴィニヨン、シラー、マルセラン、シャルドネ、マルベック、プティマンサン等々 計11品種で赤ワイン用が8割、白ワイン用が2割です。

本館の地下には、1,400m²のセラーと1,700m²の醗酵室が隣接しており、 年間を通し適切な温度、湿度を維持しています。 生産設備は最新型で、フランス製の設備も導入しています。 ワイナリーの責任者は、葡萄の品種に応じた土壌適正と栽培、醸造、ブレンド、 エイジング等のワイン製法をフランスにて学びました。 ワイナリーには常時35名の従業員が働いており、収穫期には約100名の季節労働者が、 品質維持のために手摘みで収穫作業を行います。 これらの設備や技術のもとに、11品種の葡萄から、 赤、白、ロゼ、そしてスパークリングワインなど多くの製品を生産しています。